フェレットつれづれ日記

我が家のフェレット
1代目 偏食大魔王「龍之介」と暴れん坊将軍「仁」
2代目「空」と「芽生」の観察日記
  << June 2015 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ビバフェレット閉店
今は亡き、龍之介、仁と共にお世話になり、現在、我が家にいる2匹のフェレット、空、芽生を保護し、縁をとりもってくれたお店「ビバ・フェレット」が閉店してしまいました。
あまりの突然なことに驚き、時間が経つにつれ、空しさが...。

ブログを更新しなくなり、ずっと放置していたのですが、あまりの
悲しさに、書かずにはいられなくなり、こうして更新することにしました。

店長様、今はどうされているんでしょう?
閉店理由については、いろいろうわさも飛び交っていますが、詳細については何も判らず。
ただ、閉店の事実を知ってから、個人的にいろいろ考えたことは、店長様は、最後の最後までフェレット達のことを一番に考えていたんだろうな!ということ。

私の記憶では、ゴールデンウィークぐらいにベビフェレちゃんたちが入荷されていたはず。
たぶん、そのときには、閉店だなんて、まったく考えていらっしゃらなかったのではないかと思われます。
その間に何が起きたのかは判らないけれど、ベビフェレちゃんたちを守るために、6月14日までお店を続けられて、突然閉店されたんじゃないかと。

私、業界は違えど、メーカーで働いていたことがあります。
問屋や小売店が倒産すると噂が流れると、即時、若くてがたいの良い社員を集め、金目のものを少しでも引き上げようとしていました。
たぶん、私の勤めていたメーカーが悪徳業者というわけでもなく、このご時勢、どこも、債権が回収できなければ死活問題ですから。

ビバさんの場合、一番の金目のものというものは、ベビフェレちゃんたちになると思います。
もし、売約済みの札をつけていたとしても、債権回収者にケージごと連れさらわれる可能性もあったわけで。
だから、その子たちを守るため、ひっそりと極秘裏に、閉店されたのではないかと。。。

ベビフェレちゃんたちが、悪徳業者にたたき売りされたり、
動物実験の業者に売買されたら、大変ですから

ぎりぎりベビフェレちゃんたちが巣立てる時期。
それが6月14日だったのかなと。

真実は、闇の中ですが、
最後の最後まで、店長様は、フェレット達のことを考え、フェレット達の幸せを祈っていたと思います。

そういうやり方が、私の知っている店長様には、一番似合っていましたから。


私、6月6日にビバさんに注文したんですよね。
そのときに、送料無料にするのに、少しお金が足りなかったので、今いる子たちのために、アニマルミトンを飼ってったんですよ。
それが、最後の注文になるとは思わず。
もう、これがなんだか形見のように、部屋にあって...

むなしいです。
なんだか、そして誰もいなくなったというような感じ...
心にぽっかり大きな穴が空いたような感じ...

ビバフェレットの閉店についてのショックは、私の中では、もう少し尾を引きそうです
| shizue | - | 00:25 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
PROFILE
OTHERS
LINKS
LINKS
只今、全品完全送料無料中!! 楽天ブックストップページ

楽天ブックス
楽天ブックスであなたの欲しい本を探そう!
B-Blogプロジェクト提供
ブログツールB-Blog使用