フェレットつれづれ日記

我が家のフェレット
1代目 偏食大魔王「龍之介」と暴れん坊将軍「仁」
2代目「空」と「芽生」の観察日記
  << June 2009 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
仁、その後
昨日、仁の血糖値を調べに病院に行ってきました。
血糖値「54」。
安定しているとはいえ、薬で抑えている状態。
しかし、体重が1040gと増えているので、ひとまず安心。

様子を見ながら、8月までステロイドを与え続けることに。
お盆前に手術。お盆休みの間に退院。看病となりそうです。

ーーーーーーーーーーーーーー
【仁の病院での様子...】
3週間に一度、病院にいって採血をしている仁君。
最近はすっかり病院嫌いになってしまいました。

家ではキャリーをみせると自ら入ったり出たりして遊んでいるのですが、病院の待合室では、びびりまくって、キャリーの中から出てこようとしなくなります。
無理に出しても、急いでキャリーの中に戻る始末。
獣医さんに抱っこされたら、もう大変。
ブルブル震えて硬直。
時間が経つと共に、我にかえるのか、なんとか逃げようと体をクネクネさせるのですがあえなく撃沈...
しかし、採血後、看護師さんに貰うふやかしフードはしっかり2人前平らげてくる大物ぶりの姿もみせてくれています。
(ただの食いしん坊ともいう)

こんなエピソードをみるにつけ、この子は本当に病気なんだろうか?と思う今日この頃です。

しかし、フェレットって本当に1匹1匹違うんですね。
龍之介のときとは大違いだ。
龍之介は、待合室ではキャリーから出て、周りの様子を見たがるタイプ。
犬や猫が珍しいらしく、興味深々でじっとみています。
獣医さんに抱かれても、リラックス。
注射のときもおとなしい。
しかし、病院でフードを貰っても口をつけないという神経質な一面ももちあわせています。

両極端な2匹ですが、今日も仲良し。
今日も2匹並んでハンモックの上で寝ています。


| shizue | 病気(インスリノーマ&副腎疾患) | 14:53 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
PROFILE
OTHERS
LINKS
LINKS
只今、全品完全送料無料中!! 楽天ブックストップページ

楽天ブックス
楽天ブックスであなたの欲しい本を探そう!
B-Blogプロジェクト提供
ブログツールB-Blog使用