フェレットつれづれ日記

我が家のフェレット
1代目 偏食大魔王「龍之介」と暴れん坊将軍「仁」
2代目「空」と「芽生」の観察日記
  << May 2008 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
抜け毛の季節
今朝、龍之介が、「ケッ、ケッ...」と何かを吐きたそうにしている。
ひょっとして、インスリノーマの再発か?という思いが横切ったが、そうではないみたいで、よく見てみると、換毛期が始まっていました。
外に連れて行ってブラッシングしてやると、ゴソッと毛が抜けて...
その後、仁もブラッシングしてやるとこちらもゴソッと。
暑くなってきたのに、龍之介と仁の毛が生え変わらないと思っていたんですが、いつの間にか換毛期が始まっていたようです。

少しの間は、抜け毛を飲み込まないように気をつけてやらないと。
毛球症にならないように、頑張ります!
| shizue | - | 12:20 | - | - |
肥満細胞腫?
1週間ほど前から、龍之介の脇のあたりに血が!
サイズ的には、数ミリなのですが、どうやら肥満細胞腫が再発したようです(泣)
フェレットの場合は、肥満細胞腫になっても特に問題はないようですが
(良性の腫瘍であることが多く、急に大きくなったり、血が止まらないなどの症状がでないかぎり、放置してもOK)

でも、昨年末にインスリノーマ、副腎、肥満細胞腫の手術を行った経緯もあり、不安です。
一応、先週末にフィラリアの薬とジステンパーの予防接種があったので、病院に連れて行きました。
体重も増え、肥満細胞腫もどきさえなければ、健康印なのですが...

獣医さんからは、手術するなら5歳半まで。
飼い主さんの希望があれば6歳まで手術はできるが、肥満細胞腫の場合は命にかかわるものではないので、放置しておいても良いのでは
と言われました。

一時は、インスリノーマと言われ、死を覚悟した状態でしたが、奇跡の復活!
未だ再発の兆候はみられず、元気に生きています。
でも、今回の肥満細胞腫。
龍之介の体の中には、やはり腫瘍が眠っているんだなと実感しました。
龍之介と仁とは、1日でも長く、健康な身体で一緒にいたいものです。
10年でも20年でも、生きて欲しいと願う飼い主なのでした。
| shizue | 病気(その他) | 09:25 | - | - |
寒い〜
昨日から、天気が悪く、温度が上がらず...
室温は20度ほどになってしまいました。

龍之介と仁も寒そうにしているので、急遽、しまっていた冬物のハンモックを引っ張り出すことになりました。
すると、やはり寒かったのか、2匹とも急いでハンモックの中に...
その後は、2匹ともハンモックの中から出て来ず...

明日からは、また天気になって温度が24度程度まで上がるとか。
人間もフェレットも、この温度差に体調崩しそうです。

みなさんも風邪などひかないよう、お気をつけください。
| shizue | - | 13:02 | - | - |
暑い〜!
ここ最近、どんどん上がっている温度。
龍之介と仁も、暑さのため、少しバテ気味。
なので、ついに我が家でも冷房を稼動させることと相成りました。
今日は、冷房をしているせいか、龍之介も仁もぐっすり寝ています。

やっぱり、フェレットには冷房が必須条件と実感!!

これからの時期、フェレットを飼っている人達は、温度管理に気をつけてあげましょう。
| shizue | - | 14:56 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
PROFILE
OTHERS
LINKS
LINKS
只今、全品完全送料無料中!! 楽天ブックストップページ

楽天ブックス
楽天ブックスであなたの欲しい本を探そう!
B-Blogプロジェクト提供
ブログツールB-Blog使用