フェレットつれづれ日記

我が家のフェレット
1代目 偏食大魔王「龍之介」と暴れん坊将軍「仁」
2代目「空」と「芽生」の観察日記
  << January 2008 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
龍之介も毛が抜け始めた
仁の毛が、ゴソッと抜けてから1週間。
龍之介も抜けるんじゃないかと、注意深くみていたら、ついにその日が来たみたいです。
長い毛が、ゴソッと抜け始めました。
いつもなら、春、秋に換毛期がくるので、外でブラッシングすることができるのですが、今回は冬。
しかも、寒波がやってきていて、外は寒い。
というわけで、家の中で敷物を敷いて、ブラッシングしたのですが、バサバサと硬くて長い毛が落ち、片手にいっぱい乗るぐらいの毛が取れました。
まだ、冬毛のふわふわした部分は、抜けていません。
仁の場合は、副腎疾患のせいで、毛がまばらになっていたところに、ふわふわ部分が抜けたため、次の毛が生えてきているのかが、見やすかったのですが(しかも、下の毛がグレーだったので、生えてきているのがわかりやすかった)
しかし、龍之介の毛は白いので、目立たず。
というわけで、実際次の毛が生えてきているのか、不明です...
(地肌が見えていないので、副腎疾患の抜け方ではないと思うのですが...)

とりあえず、明日から、どうなるか様子を見てみようと思います。
龍之介にも、綺麗な毛が生えてきてくれるといいな!
どうか、龍之介にも綺麗で暖かい毛が生えてきてくれますように!!
| shizue | 病気(インスリノーマ&副腎疾患) | 22:47 | - | - |
手術から1ヶ月経ちました
龍之介の膵臓&副腎&皮膚のできものと
仁の副腎の手術から、早くも1ヶ月経ちました。

書き忘れていましたが、病理検査の結果は下記のようなものでした。
【龍之介】
膵臓:インスリノーマ(ラ氏島のB細胞由来のインスリノーマ)
副腎:副腎皮質腺癌
皮膚:肥満細胞種
【 仁 】
副腎:副腎皮質腺癌

2匹とも悪性の腫瘍だったわけです。
しかし、今回は、早期発見ができ、手術で悪い部分は取り去りました。
その結果、今は2匹とも内服薬のお世話にもならず、毎夜、部屋中を元気に走り回っています。
一時はハゲハゲだった仁は、今は別人(別フェレ?)のように毛が生え変わってきました。
短かった毛もものすごい勢いで伸び、もうすぐ元通りの長さになりそうな勢い。
龍之介は食欲を取り戻し、バクバク食べて体重が700代だった体重が800代まで戻ってきました。
龍之介の場合、手術後、不定期的に現れる下痢がなくなったところが大きいのかもしれません。

インスリノーマの場合、「手術をしても完治しない!」という説もあるようですが、ネットで調べる限りでは、獣医師の資格をもたない飼い主個人の意見が多いように感じました。
獣医師の話を聞いたり、いろいろ調べてみて、「インスリノーマは再発する可能性が高い」というだけではないか?と思っています。
人間の場合もそうですが「癌(悪性の腫瘍)」なのだから再発する可能性はあってしかるべきと思います。
でも、もし手術で病巣をとりきることができたら、完治することも可能なわけで、私は今回こちらのほうの可能性にかけました。
早期に発見できたというのも、手術に踏み切った理由です。

しかし、最近思うのは
「なぜ人間に癌が発見された場合はすぐに手術するのに、
 動物の場合、内科的治療を選択する人が多いのか?」ということ。
 (残念ながら、手の施しようがない場合は、人間も動物も内科治療しかありませんが...)
手術をすれば助かるかもしれないのに、手術をしないのはもったいないと思います。
元気があるうちに、なるべく早く手術を受けさせてやるのが、飼い主の務めではないかと思うのですが...。


龍之介については、今後、インスリノーマの再発、また腸間膜リンパ節への転移の可能性も考えられるため、経過観察が必要な状態です。
今年3月に龍之介と仁にペットドックを受けさせる予定です。
(まだ予約していないのですが(汗))
2匹とも、良い結果がでるように頑張ってもらわねば...

みなさんも寒い日が続いていますので、風邪などひかないようお気をつけくださいませ!!

| shizue | 病気(インスリノーマ&副腎疾患) | 23:56 | - | - |
仁、その後...
日曜日の朝、吐いていた仁ですが...
その後、超短毛フェレットにはなってしまったものの、食欲旺盛。
快便で、嘔吐もまったくなく、元気そのものです。
心配していた毛玉による腸閉塞も、問題なさそうです。

しかし、毛の生え変わりのため、長短毛になってしまった仁、寒そうです...
早く、仁の毛が伸びてきますように!!
| shizue | 病気(インスリノーマ&副腎疾患) | 17:56 | - | - |
仁が吐いた!
今朝、仁が2、3回嘔吐しました。
内容物は、フード...
食べすぎか?と思ってみていたのですが、嘔吐物の中から、毛玉を発見!
???と思って、仁の体の毛を調べてみると、長い毛がゴソッと抜けました!!
しかし今までと違い、抜けた毛の下にはグレーの地肌が
どうやら、副腎の手術をしたことにより、新しい毛が全身に生えてきたようです。そのため、古い毛が押しやられ抜けた...

これ以上、抜け毛を飲み込んだら大変だ!と思い、ムダ毛をとっていくと、驚くほどの量(通常の換毛期より多い?)。
簡単に抜ける毛をとっていくと、長い毛の部分が全て抜けてしまいました。
なんと、耳の後ろの毛までがゴソッと抜け、今の仁は、全身角刈りのフェレットといった感じです。

問題は、吐いた毛が全てなのか?ということ。
お腹の中に、毛が溜まっていたら、腸閉塞ということも考えられます。
とりあえず、今は食欲も戻っていますので、今日は一日様子見してみようと思います。

しかし、副腎疾患恐るべし!
手術後に、全身の毛が生え変わるとは...
この生え変わりのせいで、手術の際に切った毛と以前の毛の境目がわからなくなりました。(それほど、長い毛が全て抜けていたんです!!)

ちなみに、同時期に副腎とインスリノーマの手術をした龍之介。
こちらは、今のところ、毛は抜けていません...
| shizue | 病気(インスリノーマ&副腎疾患) | 10:48 | - | - |
ペット保険が4月から大幅値上げ!?
ペット保険は数十社・団体により様々な保険商品として運営・営業を行っていましたが、平成17年に保険業法が改正されたことにより、ペット保険がベースとしていた法的根拠のないいわゆる無認可共済事業での運営が不可能となり、許認可が伴う保険会社での事業か、もしくは新たに設けられた少額短期保険業として登録申請承認を金融庁(窓口は地方財務局)より取得することが必要となりました。経過措置として平成20年3月末までは、特定保険業として届け出た既存のペット保険の会社・団体はそのまま営業を続けることが可能ですが、それ以降は営業が認められません
--------------------------------------------

そのことをうけて、今年、大手ペット保険のアニコムさんが損保保険会社となりました。
しかし、その中身はとんでもないことに!!!

なんとフェレットの保険掛け金は...

0歳 年25,190円
1歳 年27,350円
2歳 年34,440円
3歳 年46,780円
4歳 年61,140円
5歳 年74,120円
6歳 年84,160円
7歳 年91,230円
8歳 年95,920円
9歳 年98,930円
10歳 年100,810円
11歳 年101,980円

となるそうです。
現在は、1匹あたり年2万円ちょっとなのに...
少しぐらいの値上がりは覚悟していたのですが、この値段にはただただビックリ!!!

マイクロチップ割引 年600円
多頭割引      年600円
継続割引      5%
と割引もあるようですが、この値上がりの前では、ビクともしないような額です。

フェレットは、病気が多いので掛け金をあげないといけない気持ちも判るのですが、医療費のかかる年頃の子に、10万円近くのお金を掛けろとは、なんだか本末転倒のような気もします。

うちの子達は、アニコムさんにはとてもお世話になっていたのですが、掛け金値上がりと同時に、更新打ち切りしようと思っています。
といっても、龍之介は2月が更新月なので、あと1年保険は使用できるのですが...
問題は仁。今年7月に保険が切れてしまいます(泣)
まあうちの場合、幸か不幸か昨年末に副腎やインスリノーマの手術は終えたので、一段落はついているのですが...
(トータルで考えると、今まで掛けていた掛け金以上のものは、アニコムさんに払ってもらっている勘定になります)

今回の一番の被害者は、今まで病気になったことのないのに保険を掛けていた飼い主さんたちでしょう。
継続するのにも、この金額では...

今はひとまず、保険が使えるうちに、健康診断をうけさせておこうかと考えています。
(健康診断では保険は使えないものの、なにか見つかった場合、保険はつかえますし)

来年以降のことを考えると、今からコツコツ貯蓄ということになりそうです。

去年末から、いろんなものが値上がりする状態。
胃が痛くなりそうです...

アニコム損保の詳しい情報はこちらをご覧ください
| shizue | アニコム損保(ペット保険)値上げについて | 16:41 | - | - |
健康の大切さ
龍之介と仁の症状にも一段落つき、ホッとしていたのもつかの間。
飼い主である私が、先週末から、嘔吐&下痢&悪寒の症状に見舞われ、ダウン。
最初は「食中毒!?」と思ったのですが、病院にいったところ、今流行の胃腸にくる風邪だとのこと。
(風邪というわりには、咳やくしゃみ、熱などの症状は全くない...)
しかし、病気は週末に発症するものではないですね。
昨日、会社を休んで病院にいったのですが、
連休中、病院が開いていなかったため、病状を悪化させてしまい、点滴までしてもらう羽目になりました。

点滴をつけつつ、「龍之介が絶食をしていたときも、こんな気分だったのかな?」と思ってしまいました。

しかし、我が家では初体験をするのは、龍之介ということがよくあります。
私と龍之介と仁...
最初にバリウムを経験したのは...  龍之介
最初に手術したのは...       龍之介
最初に入院したのは...       龍之介
最初に点滴されたのは...      龍之介
などなど、龍之介は、結構初体験づくしです。

でも、こんなのは経験しないのが一番なんだけどね...
というわけで、健康のありがたさが身にしみる今日、このごろなのでした。

飼い主は身体が資本!
早く胃腸の調子を元通りにして、穏やかな毎日をすごしたいものです。
胃腸にくる風邪、インフルエンザと並んで流行っているようなので、皆さんを気をつけてくださいませ。
| shizue | - | 12:57 | - | - |
仁に毛が生えてきた!?
副腎の手術をした仁。
この間毛がごっそり抜けたといっていたのですが、その部分がグレーになってきました。
よくみると、短い毛がミッシリ生えています。
(触ると、髭の剃り跡のような状態で、ジョリジョリしています。)

獣医さんには、今年春ごろには毛が生えると言われていたのですが、冬の間に毛は生えそろいそうな勢いです。

また、副腎、インスリノーマを手術した龍之介。
こちらも体調が良いようで、モリモリ食べて、体重も800gまで回復しました。
このまま体重が増え続けることを祈るばかりです。

早く、龍之介と仁の毛が元通りになりますように!
| shizue | 病気(インスリノーマ&副腎疾患) | 23:26 | - | - |
仁の毛がまた抜けた!?
副腎腫瘍の手術から2週間。
手術の傷跡は殆ど消えた。
しかし、今日、仁の首の辺りの毛が、またゴソッと抜けた。
手術をしたから、気は生えてくるはずなのだが、一向にその気配なし。
お腹の毛が生えそろったら、仁のハゲは治るのだろうか???

どうかこれ以上、仁の毛が抜けませんように!
| shizue | 病気(インスリノーマ&副腎疾患) | 22:37 | - | - |
元気ありすぎな龍之介と仁!
年末手術をした龍之介と仁。
毎日、走り回ってバトルしています。
新しい年になったので、写真でも撮ろうと試みるも、動きが早すぎて取れない。
やっととれた写真は、遊びつかれた2匹の寝込みを襲ったもの...
龍之介と仁
まだ手術のために剃った部分は毛が生えそろっていませんが、手術の傷跡はずいぶん消えてきました。

--------

おそくなりましたが...
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします!
| shizue | 病気(インスリノーマ&副腎疾患) | 17:38 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
PROFILE
OTHERS
LINKS
LINKS
只今、全品完全送料無料中!! 楽天ブックストップページ

楽天ブックス
楽天ブックスであなたの欲しい本を探そう!
B-Blogプロジェクト提供
ブログツールB-Blog使用