フェレットつれづれ日記

我が家のフェレット
1代目 偏食大魔王「龍之介」と暴れん坊将軍「仁」
2代目「空」と「芽生」の観察日記
  << November 2007 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
最悪の日
先週末は、私が風邪で寝込んでしまい、1週間遅れで、龍之介と仁を連れて病院に行って来ました。
結果は、最悪の状態。

龍之介のインスリノーマは進行し、血糖値57.(前回は70代だった)
獣医さんに、今まで吐いたり発作を起こしたりしなかったか?と何度も聞かれてしまいました。(そんな症状は全くなかったのですが...)
ついに来るべき時が来たといった状態です。
獣医さんと話し合った結果、容態が落ち着いているうちに、手術をおこなったほうがよいだろうということに。
とりあえず、飲み薬(プレドニゾロン)を与え様子を見ながら、年内に手術を行う予定となりました。

そして、仁は...
気になっていたハゲが首のあたりまで広がっていた仁
獣医さんも少し見ただけで、副腎だろうとの診断。
血液検査の結果は、白血球の数が2900と少なく、ALPの値が234と高くなっていた。
副腎疾患によるホルモンバランスが崩れているせいだろうという話。
その後、エコーを撮ったのだが。
エコーの画面に現れた仁の副腎は6.8。
獣医さんから、「でかい!」と言われてしまいました。

こんなにひどくなっていたとは...
正直、まだ若いからと思って、油断していた(3歳8ヶ月)
普段から、食欲も元気もあるだけに、全然気づいてやれなくて、
しかも、龍之介の嘔吐下痢騒ぎや、インスリノーマ&副腎騒ぎがあって、
ずっと仁をほったらかしにしてしまって。
仁には、謝っても謝りきれない気持ちでいっぱいです。
仁、こんな飼い主で、ごめんね。

獣医さんからは、2匹の容態を診て...
龍之介も仁も手術をしたほうがよいけど、急いだ方が良いのが龍之介と言われてしまいました。
「龍之介は手術として、では、仁は?」と質問すると、「もし今回、仁1匹だけ連れてきた状態なら、すぐに手術を勧めるだろう」とのこと。
それを聞いて、私にはどちらか1匹だけ手術させて、もう1匹を待たすという選択肢は消えました。
で、結局、2匹とも年内に手術をしてもらうことになりました。

と、とりあえず手術の日にちまで決めてきたものの、まだ自分の中で整理がついていない状態です。
病院では、2匹一緒のケージには入れて貰えないそうなのですが、少しでも相棒の匂いがしたほうが安心できるかなと思い、同時に入院させることにしました。
でも、本当にこれで良かったのか?
もっと良い方法が無いか?
手術の日は本当に適切だったのか?(もっと早いほうがいいのか?)
手術については、もう少し悩んでしまいそうです。
(もう少し落ち着いてから、獣医さんともう一度話しをしたいかも...)

今は、ただ、龍之介と仁が2匹とも12月末まで体調を崩さず、元気でいてくれることを祈るばかりです。

龍之介、仁、私をおいていくなよ〜。
2匹で一緒に、どっかに行くんじゃないぞ〜。
頑張れ、龍之介、仁!!

| shizue | 病気(インスリノーマ&副腎疾患) | 22:44 | - | - |
近況報告
ここへの書き込み、ずいぶんサボってしまいました。
すみません。

さて、龍之介と仁のその後ですが、彼らはムチャクチャ元気です。
苦い薬が効いたのか、龍之介のお腹の調子もよいし、
仁も快便、快眠、快食。その上、首の横のハゲから、毛が生えてきました。
副腎を疑っていたものの、毛が生えてくるとただの換毛期?と思ってしまいます。
仁は、昔から換毛期になると、ゴソッと毛が抜けるタイプだったので...

今週末は、龍之介の診断日。
この状態なら、よい数値がでそうです。
仁は...
連れて行くべきか?それとも来年1月のペットドックまで待つべきか???
懐具合と仁の体調をみながら考える今日この頃なのでした。
(しかし、仁だけ病院に連れていかないのは、龍之介だけ、えこひいきになってしまうのかな???)
| shizue | - | 13:05 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
PROFILE
OTHERS
LINKS
LINKS
只今、全品完全送料無料中!! 楽天ブックストップページ

楽天ブックス
楽天ブックスであなたの欲しい本を探そう!
B-Blogプロジェクト提供
ブログツールB-Blog使用