フェレットつれづれ日記

我が家のフェレット
1代目 偏食大魔王「龍之介」と暴れん坊将軍「仁」
2代目「空」と「芽生」の観察日記
  << October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
芽生のリンパ腫
ビバさんが閉店して、落ち込んでいたら、そのあとすぐに2代目のフェレット、芽生のリンパ腫が発覚。
まだ5歳なのに...

6月24日
ご飯を食べないから、病院にいって。
ちょっと検査したら、治るだろうと思っていたのですが...
血液検査から、カルシウムの値が高い(値15)。
しかし、他の値は正常。レントゲン、エコーにも何の異常もなし。
ただ、担当獣医さんが、犬で同じような値が出て、後にリンパ腫ということがあったと言われ、少し病院で様子をみることに。
すると、2、3日の間に急激に横隔膜下のあたりにしこりが。
獣医さんのすすめで、そのしこりと、肝臓に針を刺して、細胞を取って、検査に出すことになりました。

検査結果がでるまで、様子見ということで27日一時退院。
ステロイドを与えながら、検査結果がでるまで様子見ということだったのですが、しんどそうにして、ふやかしフードも少ししか食べられなくなり、翌日28日、再度入院。

それから、7月4日まで病院で入院。
カルシウム値を下げるように、処置してもらって、すこしずつ、ふやかしフードが食べれるようになりました。

そうこうしているうちに、検査結果が出ました。
検査結果は最悪のもの。
悪性リンパ腫でした。肝臓も、もうがん細胞しか認められない状態。

しかも、この1週間で肝数値が急激に悪くなってきました。
龍之介のときと違い、進行が早すぎる。

リンパ腫は血液の癌。切り取ることはできません。
ステロイドでは、もう間に合わない状況。
ここで部分的に数値を下げても、もぐらたたき状態になるだけで根本的な治療にはなりません。

で、抗がん剤を使うことにしました。
しかし、かなり弱っているので、抗がん剤を点滴するという方法はとりませんでした。
自宅療養で、抗がん剤(粉)とステロイドを1日交代で飲ますことになりました。

昨夜7月4日が抗がん剤初日の日。
どきどきでしたが、ショック症状や食欲の低下はみられませんでした。
このまま、癌細胞がきえてくれればよいのですが...

リンパ腫に効く、サプリメント。
ビバさんがあったら、すぐにでも聞きに言っていたところですが、
今はもう、連絡もつかない状態。
でも、店長様も、今は大変なはず。仕方ありません。

途方にくれつつ、でも、仕方がないので、ネット検索。
検索すると、以前書いた龍之介の闘病記が...
読み返してみると、リンパ腫のサプリについて、書いていました。
自分で書いたのに、忘れていたんですね。

とりあえず、楽天で「ジュピターサポート」を頼み、到着を待っているところです。


昨日、今日と、会社が休みだったので付きっ切り、芽衣の様子見しているのですが、明日からは、会社。
急変が怖い状態ですが、今回、治療費、かなりかかってしまったし、これからの治療費のことも考えると、仕事に行かねば!です。

うちには現在、もう1匹、空がいます。この子も、副腎を患っていますが、元気、食欲は問題なし。
とりあえず、抗がん剤の治療と、芽生が弱っているのでゆっくり休めるように、ケージは別。

空がいてくれるから、芽衣、2匹でお留守番できるよね。
明日から、2匹でお留守番よろしく!!


| shizue | リンパ腫(芽生) | 16:06 | - | - |


CATEGORIES
PROFILE
OTHERS
LINKS
LINKS
只今、全品完全送料無料中!! 楽天ブックストップページ

楽天ブックス
楽天ブックスであなたの欲しい本を探そう!
B-Blogプロジェクト提供
ブログツールB-Blog使用