フェレットつれづれ日記

我が家のフェレット
1代目 偏食大魔王「龍之介」と暴れん坊将軍「仁」
2代目「空」と「芽生」の観察日記
  << October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
龍之介、頑張ってくれています。
今週末、定期診断に行く予定だったのですが、仕事で行けなくなりそうな感じだったので、昨日の夜、病院に行ってきました。

龍之介の状態はいつもと変わらず、ふやかしフードをモリモリ食べ、トイレも頑張って、1週間に一度ハンモックの中でしてしまう程度。
だから、安心しきっていたのですが、血液検査の結果は、よくありませんでした。
極度の貧血状態。
かなり進んでいて、立って歩いているのが不思議なぐらい。
初診の子だったら、即、入院だ!といわれてしまいました。
いつ、どうなってもおかしくないぐらいだそうです...

何度も「もう駄目かも」と思い、でも、いつも奇跡的な復活を遂げてくれていた龍之介。
リンパ腫が骨髄のほうにまで転移して、血がつくられない状態にも関わらず、頑張ってくれています。
とりあえず、ステロイドを増やして、様子見と言われ、家に連れ帰ってきたのですが、病院にいったことで疲れたのか、昨夜から今朝にかけて、トイレは全てハンモックの中でしていました。
そんな状態ながらも、朝のふやかしフードは自力でいっぱい食べてくれて。昼間は、きちんとハンモックから出てトイレに行ってくれました。

「極度の貧血」
そんなことを感じさせないぐらい、龍之介は頑張ってくれています。
現在8歳3ヶ月。年だけど、まだまだ頑張って欲しい。
龍之介は、頭の良い子だから、いろんなことがわかっているんじゃないかと思います。
「僕がおいて逝ったら、あいつが泣くから頑張る!」と思ってくれているようです。
だから、最近は、龍之介にいっぱい話しかけています。
「いっぱいご飯食べてくれてありがとう!」
「トイレ出来て偉かったね!」
「ごはん遅くなってごめんね。」
「トイレはずしてもいいから、頑張れ!頑張ることに意義があるんだぞ。」
「いつも、頑張ってくれてありがとう!」
などなど、いっぱい話しています。

龍之介も判ってくれているのか、最近、いっぱいしゃべるようになりました。
ちょっと嫌なときとか、甘えたいときは「クーッ」と小さく言ってくれます。
普段は、ジーッとこちらをみて、話を聞いてくれています。

龍之介的には、「クーッ」と一言言えば、とんで来る召使!?
とでも思っているのかもしれませんが、それでも、意思表示してくれることが嬉しいです。

ハンモックの中のフリース毛布。
そこに包まって、寝るのが日課の龍之介。
トイレなどにでてくると、毛布が丸まっていて中に入りにくい。
そんなときにでも「クーッ」と一声かけられてしまうのですが...

龍之介と一緒にいられる時間が、少しずつ、少しずつ、少なくなって来ていることを実感する今日、この頃。
覚悟も決めないといけないことも判っています。
でも、やっぱり、少しでも長く一緒にいたい。
でも、龍之介が辛い思いをするのも。。。
何が正解で、何が不正解かも、判りません。

でも、龍之介は、毎日、一生懸命生きています。
それを私は見守って行きたい。。。

頑張れ、龍之介。
もし、駄目でも、仁がすぐに迎えにきてくれるから、怖くないよ。
龍之介には、おいらも、仁もついているから、大丈夫だからね。
最後の最後まで、一緒にいようね。
| shizue | 病気(リンパ腫) | 23:51 | - | - |


CATEGORIES
PROFILE
OTHERS
LINKS
LINKS
只今、全品完全送料無料中!! 楽天ブックストップページ

楽天ブックス
楽天ブックスであなたの欲しい本を探そう!
B-Blogプロジェクト提供
ブログツールB-Blog使用