フェレットつれづれ日記

我が家のフェレット
1代目 偏食大魔王「龍之介」と暴れん坊将軍「仁」
2代目「空」と「芽生」の観察日記
  << August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
我が家のフェレット達の病状(まとめ)
今まで、だらだらと書いてきた我が家のフェレット達の病状についてまとめてみました。

-----------------------------------------
■龍之介の場合(副腎疾患&インスリノーマ)

・尾の付け根あたりの毛がハゲた。
もともと、皮脂づまりで良く尻尾がはげる子だった。
普段は尻尾を洗っていると毛が生えてくるのに、尻尾の付け根だけ毛が生えなかった。
その部分は、皮脂づまり特有の茶色い粒々はなく、きれいな肌色だった。
よくある副腎疾患の症例のように、尾部全体は禿げは現れなかった。

・1〜2ヶ月に一度の周期で、拒食&下痢をするようになった。
1〜2ヶ月に一度、拒食。その結果、下痢をおこすように。
放っておくと、脱水症状を起こすので注意が必要。まる1日食べないときには、病院へ。今のところは、皮下点滴と、抗生物質を投与してもらうと、翌日には自力でフードを食べれるように回復。

・血糖値が下がる
健康な時には、80以上あるはずの血糖値が70代に。
最近、58にまで下がっていたため、ステロイドを与えることに。
(現在は薬が効き、血糖値は78にまで回復)

【今後の治療方針について】
・年末に、インスリノーマ、副腎の手術を行う。
龍之介の場合、インスリノーマの進行が怖いので、手術に踏み切りました。
このまま放っておいても、悪くなる一方。
薬を与えても、耐性がついてくれば効き目がなくなり、死を待つしかなくなります。
ちなみに、龍之介は、まだ一度もインスリノーマの発作は起こしていません。
(低血糖の発作は、運が悪ければ、脳に障害が起き、神経系に問題が起きる可能性があります。その場合は、歩行困難などになる可能性も...)

-----------------------------------------

■仁の場合(副腎疾患)

・おでこのあたりにハゲができた。
進行すると共に、首のあたり、腰のあたりも禿げてきた。
よくある症例のように、尾部は禿げませんでした(現在も尻尾はフサフサ)。

・よく寝るようになった。
毛が抜け始めた頃から、寝起きが悪くなりました。
具合の悪い時は、放牧後30分程度でケージに戻る。
(元気の良い時は、何時間でも遊びます)

・水分をよくとるようになった。
もともと水分をとる子だったのですが、病気になってから、増えたようが気が...。

【今後の治療方針について】
・年末に、副腎の手術を行う。
現在、副腎のサイズは6.8mm。今は毛が抜ける程度で済んでいますが、このまま進行すると、前立腺疾患(おしっこがでなくなる)の可能性があるため手術に踏み切りました。(女の子の場合は、貧血になる可能性が高いそうです)
最近、フェレ飼いさんたちの間でよく耳にする「リュープリン」「メラトニン」という薬ですが、こちらも万能薬ではありません。
薬に耐性がついてきて、最初、1ヶ月に1回投与だった薬が、2週間に1回。1週間に1回と期間が縮まってきて、打つ手がなくなります。
そのため、獣医さんと話し合いの結果、うちの子たちは毛が抜ける程度では、リュープリンなどの投与は行わないことにしました。
薬は、重大な疾患がでてくるまで、大事にとっておく。それが我が家の方針です。
(獣医さんいわく、薬は1〜2年程度で効き目がなくなるそうです...)


-----------------------------------------
以上が、うちの子たちの現在の症状です。
うちの子たちの場合、まだ重大な症状はでていません。
ただ、今後予想される低血糖の発作。前立腺疾患などがおきると、フェレットは想像を絶するような苦痛を感じることになると思います。
その苦痛を味あわさず、一日でも長く2匹そろって、元気に自由に走り回ることができるように、今回、2匹の手術に踏み切りました。
手術は、今年12/22〜24の3連休の間に行われます。

※副腎疾患の検査について...
副腎疾患の検査の1つに、ホルモンバランスを調べる方法があるようですが、これには血液検査しかないようです。
この検査には、平均3万円ほどかかるため、あまりお勧めできないです。
(ホルモンバランスを調べたところで、治療に役立つとは思われない。
それなら、そのお金を今後の治療費に当てたほうが...
というのが、我が家と、主治医の見解です)
副腎疾患を疑われた場合、エコーなどで副腎自体の大きさを調べながら、その他の様子を注意深くみていくのが一番だと思われます。
| shizue | 病気(インスリノーマ&副腎疾患) | 17:59 | - | - |


CATEGORIES
PROFILE
OTHERS
LINKS
LINKS
只今、全品完全送料無料中!! 楽天ブックストップページ

楽天ブックス
楽天ブックスであなたの欲しい本を探そう!
B-Blogプロジェクト提供
ブログツールB-Blog使用