フェレットつれづれ日記

我が家のフェレット
1代目 偏食大魔王「龍之介」と暴れん坊将軍「仁」
2代目「空」と「芽生」の観察日記
  << May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
考えて欲しい...
今、1匹のフェレットの命が消えようとしています。
このフェレットは、捨てられ、大阪府動物一時保護センターに収容された子でした。病に犯されつつ、そこで半年をすごしていました。
大阪のとあるお店の店長さんがその子を引き取り、手術をしましたが手遅れで、サプリで癌が進行を遅らせることはできましたが、それももう難しいようです。

なぜ、元の飼い主は、この子を捨てたのでしょうか?
人間が、ただ可愛いからという気持ちだけで購入し、飽きたから捨てたのでしょうか?
この子が、病気になって治療費が払えないから捨てたのでしょうか?

最近、比較的安価な値段で購入できる小動物が、衝動買いされ、捨てられたり、飼育放棄される場合が増えています。
しかし、動物はモノではありません。感情があります。
飽きたから、いらなくなったから、臭いから、汚いからということで安易に捨てて良いとは思えません。飼い始めたからには、どんな小さな命でも責任を持って飼って欲しいと思います。
もし事情があり、飼えなくなったとしても、きちんとした里親を探してから、手放して欲しいと思います。

少しだけ、動物を飼うということについて考えて欲しいと思い、この文章を書きました。
最後に、地上の全ての動物が幸せに暮らせるように祈っています。

| shizue | - | 12:30 | - | - |


CATEGORIES
PROFILE
OTHERS
LINKS
LINKS
只今、全品完全送料無料中!! 楽天ブックストップページ

楽天ブックス
楽天ブックスであなたの欲しい本を探そう!
B-Blogプロジェクト提供
ブログツールB-Blog使用