フェレットつれづれ日記

我が家のフェレット
1代目 偏食大魔王「龍之介」と暴れん坊将軍「仁」
2代目「空」と「芽生」の観察日記
  << October 2015 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
その後
芽生がいなくなって、はや1週間が経ちました。
芽生の存在の大きさを思い出す1週間でした。
毎朝、ケージの扉の前を行ったりきたりして、開けてコールをしていた芽生。
放牧中、私に怒られたら空に言いつけに行き、空に怒られたら私に言いつけに来ていた芽生。
遊び疲れて眠たくなってきたときに耳のところを撫でてやるとうっとりして、熟睡していた芽生。
そんな芽生をもう撫でてやることはできない。

火葬した芽生の骨はもろくなっていて、病気の進行を目にした。
リンパ腫⇒高カルシウム血症だった芽生。
いっぱい頑張って、嫌な薬も飲んでくれたけど、身体は抗がん剤のせいでボロボロだったんだね。
骨にまでがんが転移していたんだと思う。

それでも、頑張って、最後の日の3日前まで、遊んだりしてくれていた。

芽生が亡くなる2日前、空がカリカリご飯を平らげてくれた。
ふやかしも嫌々食べていたのに...
空も、何か感じる部分があったのかな?と思う。

火葬する日。
空はいつも寝ている時間なのに、その日はケージの扉を開けろ!出せ!!と大暴れした。
最後のお別れがしたいのかと思い、出してやると、芽生の遺体のところにいって、匂いを嗅いだり、鼻先でツンツンしたりしていた。

その日の夜、空は芽生のケージの周りをうろうろして、芽生をさがしていたが、いないのがわかったみたいで、私の腕を数回軽く噛んで憂さ晴らしをして、その後、ふて寝した。

2日ほどは、食欲が落ちた空。
でも、今は食べてくれている。

空は、「一匹になって寂しいかな」と思うので、かまってやっていたら、無茶苦茶我が儘になってきた。
朝は、自分が起きたいときに起き、構わないとケージの扉のあたりを叩いて猛アピール!
夜大暴れして起きられないときは、名前を読んでも起きてこない。
寒くなったのもあるが、ハンモックから顔だけだして、フードをねだる。

昼間、仕事でいないと「おいて行かれた」と思うらしく、フードを食べずにすねている。

今日は、私がいるのがわかっているので、扉の前で出せだせコール。
出てくると、何をするでもなく、部屋を一周して、外で寝ようとする。

わたしもそうだけど、お別れの後は、慣れるしかないんだよね。
空はどんどん我が儘になってくるけれど、空がいてくれるから私も頑張ろうと思える。
もう少しだけ、時間をください。

最後に、メールを頂いた方、ありがとうございました。
私も、空も元気にやっています。
この場をお借りして、お礼を申し上げます。

追伸...
ちょっと不思議な話ですが、
芽生のために買ってきたデイジー。
買ってきた翌日に1本茎が折れた。
翌々日、また1本茎が折れていた。
まるで、芽生が遊んでいるように...
まだ、部屋の中にいて、デイジーで遊んでいるのかな?
芽生は、植物を見せると、匂いを嗅いだり、手でパンチしたり、噛んだりするような子でした。

龍之介、仁、芽生の幽霊なら、怖くないな。
むしろ大歓迎!
いつでも、出てきてくださいな。

ちなみに、茎の折れたデイジーは、短く切って、小さな花瓶にさして芽生の写真の横においています。
| shizue | - | 15:40 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
PROFILE
OTHERS
LINKS
LINKS
只今、全品完全送料無料中!! 楽天ブックストップページ

楽天ブックス
楽天ブックスであなたの欲しい本を探そう!
B-Blogプロジェクト提供
ブログツールB-Blog使用