フェレットつれづれ日記

我が家のフェレット
1代目 偏食大魔王「龍之介」と暴れん坊将軍「仁」
2代目「空」と「芽生」の観察日記
  << December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
つらい。。。
龍之介が亡くなって12日。
今週は、落ち着いていたはずだったのだけれど、今、猛烈に、龍之介と仁に会いたい。
時間が空くとつらいので、極力暇な時間をつくらないようにしていた。
昨日は部屋の模様替えをして、今日もその続きをして、でも、作業が終わったら、猛烈に会いたくなってきた。

なんで、ここにいないんだろう?
龍之介と仁に会いたいよ〜!!

でも、龍之介と仁、会いにきてはくれているようです。
気配を感じたり、
洗濯ものを干している際に部屋のほうから「とんとんトントントン。。。。」て音がしたり(龍之介や仁が背中を掻いているときの音)、
昨夜は、気配を感じて見てみると小さな黒い影が2つあったり

でも、触れられないのはやっぱりつらくて、ふと龍之介と仁のところに行きたいなんて思ってしまいます。
なんで、ここにいないんだろう。
いままで当たり前のようにいたのに。。。
そばにいて欲しいよ。会いたいよ
| shizue | 龍之介永眠(2011年5月3日PM6:10) | 15:33 | - | - |
龍之介、お空に旅立ちました。
最初に、メールを頂いた方、ありがとうございました。
龍之介の冥福を祈ってくれてありがとうございました。

龍之介は、人間の年齢で言えば90歳ぐらい。
寿命だと思えば、いくらかマシかななんて思っていたんですが、やっぱりいなくなるのは辛いですね。

昨晩、不思議なことがありました。
龍之介にお花を上げたくて、お店を探したんですが、
夜8時頃だし、ゴールデンウィーク中だしでどこも開いてない。
スーパーで生花を売っているのを思い出して、行っては見たけど、やっぱりそんな花じゃ可哀想って思って、近くの商店街を探してみました。
すると、なんと一軒シャッターが開いていたんです。
そのお花屋さんは、仁が亡くなったときにお世話になったお花屋さん。
声をかけたら、嫌な顔ひとつしないで、すぐに花を用意してくださいました。
仁が助けてくれたのかな?って思いました。

今日、無事、龍之介の火葬が終わりました。
今は、仁のとなりで2匹並んで一緒にいます。
写真は、元気な頃の龍之介です。


今頃、仁と一緒にバトルごっこでもしているかな?
龍之介の大好きなハンモックで、仁と一緒にお昼寝しているかな?


今日から、ブレスレットの中に龍之介と仁のお骨をいれて持ち歩きます。
今までは、仁だけだったんですけどね。今日から、2匹合流です。
ブレスレットや、アクセサリーにして、お骨を持ち歩くというのを悪いことという人もいますが、今の私にとっては、これがないと落ち着かない。
「手元供養」という言葉もあるぐらいだから、これはこれで良いんだと
思うことにしています。
悪い飼い主かもしれないけれど。。。
でも、これからは、ずっと一緒だからね。
みんなで一緒に、いろんなところに行こうね。
もう、独りでおいていかないからね。
| shizue | 龍之介永眠(2011年5月3日PM6:10) | 17:26 | - | - |
龍之介へ
龍之介、君とあったのは8年前の4月29日、ゴールデンウィークだったね。
家を引っ越して、念願のフェレットを近くのペットショップに飼いに行った。
そこに君はいたんだね。
シナモンの女の子達と一緒に、君はケージに入れられてた。
君と目が合って、お店の人にも薦められ。。。
でも、シナモンの男の子が欲しかった私は、目の赤いアルビノの君を見て、少し敬遠した。
で、一回家に帰ろうとお店を出たんだよね。
でも、なぜか君の目が忘れられなくて、お店に戻って、購入してしまった。

家に来た君は、正直ものすごいにおいで、臭いし、大暴れするしで、ペットショップに返そうかと本気で悩んだよ。
でも、数日経って、きちんとお風呂にも入れて。。。
(悪臭は、ペットショップの手入れが行き届いていないせいだった)
なんだかんだしているうちに、きちんと君は家の主になっていた。

でも、君の偏食はすごかったね。
最初は、フードの中に入れられていた「試供品のジャーキー」が気に入らなくて絶食。心配で、病院に連れて行って、そのときは、ただの偏食なんて考えもつかなくて、バリウム検査までして、原因不明言われてたっけ。
その後も、製造ロットが違うだけで「このフードいつものと違う。いらない!」なんてことが日常茶飯事。
あれは嫌、これは嫌!って、食に対してとっても我侭な子で、「偏食大魔王!」って名付けてたっけ。

お腹も弱い子で、よく下痢してたよね。
そのせいで、小さい頃から、病院のお得意さんだったよね。

1年と少し経ったときに、仁がやってきたんだよね。
君がやきもち焼かないように、仁のお世話。
仁は、よく頑張ってくれたよ。
君と違って、ご飯もバクバク食べてくれたしね。

仁の食欲には驚いたけど、君も食料危機!?を感じて、急によくご飯を食べる良い子になったんだよね。
仁とはすんなり仲良くなって、バトルごっこしながら、良く遊んでたね。
でも、君はずるくて、仁に首をかまれたら痛くなくても「キューキュー」言ってたよね。
そのあと、仁がひるんだら、仁にがぶっと噛み付いて。。。
全部、ばれてたんだよ。
君の悪事は。。。

幸せだったよね。あの頃。
みんな一緒で。。。

その後、君にインスリノーマが見つかって、手術。
なんとか乗り切ってくれたよね。
あのときは、仁と一緒に、君の帰りを待ってたんだよ。

次の大きな手術は、副腎の手術だった。
このとき仁も副腎+インスリノーマをわずらって、君達、一緒に入院手術したんだよね。
君は一足先に、退院。
仁が遅れて退院。
だけど、その手術が元で、仁は先に逝ってしまった。

悲しかったよね。
急に仁がいなくなって。

その悲しみを乗り越えられたのは、君がいたからだよ。
君がいたから、頑張らなきゃって思えた。
いっぱい泣いてたところ、君に見られたよね。

そのせいか、気がつくと、君は聞き分けの良い子になっていたよね。

去年の今頃だったっけ?リンパ腫疑惑の出たのは?
それから、君はよく頑張ったよね。
にがいといううわさのステロイドも、文句も言わず、よく食べてくれた。
薬がどんどん増えていくのに、それも食べてくれて。
最後の最後の日まで、フードも自力で食べてくれて。。。
本当は食べれないぐらいに、弱ってたのに、頑張ってくれてたんだね。
ありがとう。
最後の最後まで、ぷりぷりうんちもしてくれて。
相当しんどかったんやろ?なのに、ぷりぷりウンチをみせてくれてありがとう。
最後の最後まで、頑張ってくれてありがとう。

龍之介、いままで8年間、一緒にいてくれてありがとう。
どんなに帰りが遅くても、待っててくれて、ありがとう。
最後の最後まで、待っていてくれてありがとう。
独りで逝かずにいてくれてありがとう。

ずっと一緒にいたかったけど、君の寿命は尽きちゃったね。
でも、これからはずっと一緒だよ。
もう、痛くないよ。怖くないよ。どこにでも一緒にいこうね。
もう、会社に行くからって家でお留守番しなくてもいいよ。

明日、火葬したら、仁と一緒にしてあげるからね。
君と仁のことは、いつもブレスレットにいれて持ち歩くからね。
ずっとみんな一緒だよ。仁もいるよ。だから怖くないよ。
仁と一緒に、久しぶりにバトルごっこやりなよ。

仁、にいにの相手、してあげてね。
できれば、仁と一緒に、夢の中に出てきてね。
| shizue | 龍之介永眠(2011年5月3日PM6:10) | 01:57 | - | - |
龍之介、逝きました...
龍之介、今日退院してきました。
家に帰って、約一時間後、息をひきとりました。
最後は、苦しむことなく、穏やかにいきました。
まるで生きているかのように...
正直、いつ亡くなったか定かでありません。
ハンモックの中で、「クー、クー」ってないていて、「大丈夫だよ、怖くないよ」って、手をにぎっててやって、龍之介が、身体をちょっと起こしたから、トイレかな?って思って、シーツの上に乗せてやったら、もう力が入ってなくて、お腹が動いていなくて、心音聞いたら止まってて、呼吸もしてなかった。
でも、ひょっとしたら、まだ生きてるかもしれないと思って、そのあと、体温がなくなるまで、抱っこしてやってた。

龍之介は、頑張り屋さんだったから、退院するまで、家に帰ってくるまでまっていたのかもしれません。
「ゴールデンウィークまで頑張れ!」って私が言ってたから、ずっと頑張っていてくれたのかもしれません。
家に帰ってきた龍之介に、「もういいよ。頑張らなくてもいいよ」っていったから、逝ってしまったのかもしれません。

最後に病院に入院させたことは、龍之介にとって良かった事だったのか?
でも、今日、いつもより早く病院にいって、龍之介を連れ帰ってきたのは正解だったと思う。
このまま入院させるか?という話も出たけど、ちゃんと家に連れて帰ってきてやれて、本当に良かった。
独りで逝かさずに、そばにいてやれてよかった。

今晩は、龍之介のそばにずっといてやります。

仁、にいにのこと、頼んだで。
にいに、怖がりやから、独りにせんといたってな。
| shizue | 龍之介永眠(2011年5月3日PM6:10) | 20:32 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
PROFILE
OTHERS
LINKS
LINKS
只今、全品完全送料無料中!! 楽天ブックストップページ

楽天ブックス
楽天ブックスであなたの欲しい本を探そう!
B-Blogプロジェクト提供
ブログツールB-Blog使用